Franzの音楽にまみれた生活

Franzに音楽をください

ベートーヴェンのピアノソナタを聴こう 〜ヤンドー編〜

お久しぶりです、Franzです。今日は風邪の悪化の為、仕事はお休みを頂いて家でゆっくりしています。嗚呼、我が身の脆弱さよ。


そんな脆弱野郎が今日聴いてる音楽はこれだ!(謎テンション)  NAXOSレーベルが誇るピアニスト イェネ・ヤンドーによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集↓


f:id:Franz961:20170210170325j:plain


イェネ(イェネー)・ヤンドー(Jenő Jandó)氏はハンガリー出身のピアニスト。ハンガリーの名前表記は日本のそれと同じだから、姓名となるので本来ならヤンドー・イェネーとなるのだが、名姓の呼び方の方が有名なのでここではイェネ・ヤンドーで統一する。

彼はNAXOS(ナクソス)レーベルが設立した初期からこのNAXOSに録音を残している、言わばお抱えピアニストだ。NAXOSと言えば、最近増えている「激安レーベル」の最古参であり、また、無名の作曲家の発掘などにも尽力しているレーベルであり、僕もいつもお世話になっている。彼はベートーヴェンの他にも、ハイドンモーツァルトのピアノ・ソナタ全集やバッハの平均律クラヴィーア曲集、リストの主要作品をいくつか、更にはバルトークのピアノ作品を網羅するなどしていて、CDの数を挙げるとキリがない。僕も、まだ全てを集めきれていないのが実情だ…早く全てを集めたいところ。


しかし、こういう演奏家によくある批判の一つとして、「全集を作るのは良いが、下手、雑である」というものがある。NAXOSの初期の録音は、資金面等、僕のようなビジネスをしない人間には分からない苦労があったようであり、録音や演奏の質そのものにムラがあるのは確かに事実。その為、ヤンドー氏の演奏も、そのような批判をされやすい。事実、もっと細部を磨けたのでは?と思う演奏もあるのは、僕も思うところ。まあ、どんな演奏家にもそれは言える事なので、別にヤンドー氏に限った事ではないのだが。


いやしかし、これが素晴らしい演奏なのだ。真っ直ぐで、余計なものが全く付け足されていない、誠実なベートーヴェン。「革命家」「耳の病で悩める音楽家」といったものは、ここでは見られない。「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」という作曲家が創り出した音楽を、ただ純粋に弾いているイメージだ。

ヤンドー氏の演奏の特徴として「譜面の通りに弾く」というものがある。例えば、「ここはあえてフォルテではなくピアニッシモで…」「この曲のこの一瞬の弱音に万感の思いを込める…」「打鍵やタッチに込められた無限のニュアンス、グラデーションをどこまでも追求する…」という姿勢は見られない。確かに「深い精神性」という言葉が常に付いて歩く後期のピアノ・ソナタの演奏はあっさりしている感があると言えばある。一つ一つの曲を見れば、ヤンドー氏よりも細部に磨きをかけて凝った演奏があるのも事実。そして、「譜面通りに弾いてるだけ」と批判される事の多さ。しかし、しかし…聴いていて、「良いなあ、この曲」としみじみ思う演奏なのだ、僕にとって。例えば有名な『悲愴』は、ロマンティック過ぎない語り口のおかげで嫌味にならないし、『熱情』最終楽章の一番最後、Prestoになる所では、一気呵成に驀進する。あまり有名でない初期の作品や中期の地味なナンバーも、見事に軽やかに、過不足なく演奏している。余計な事をしていない事の美…ふとした時に、「あ、今日はベートーヴェンを聴きたいな」と思った時に、すっと手が伸びるのが、このヤンドー氏の録音なのである。勿論、これからベートーヴェンのピアノ・ソナタを聴いてみたくて…という向きにも十分お勧め出来る。今ではあまり見当たらない全集だが、バラでならオンラインショップ等で取り扱っているので、是非購入をお勧めしたいです。


最後に…僕はヤンドー氏の大ファンである。その為、「褒めすぎだ」とか「公平に評価していない」とか言われそうだが、先ほども軽く述べたように「うーん微妙…」と思っている録音もあるので、盲信的なファンでない事だけは記しておく(例えばバラキレフの『イスラメイ』 あれに関してはベレゾフスキーやムストネン、ラン・ラン、プレトニョフ、F. ケンプ、福間洸太朗氏の録音をお勧めしたい。ヤンドー氏はもっさりしていて、いまいち) 


「ヤンドー編」とあるくらいなので、今後もベートーヴェンのピアノ・ソナタ演奏に関しては、色々な演奏家を紹介していく予定です。風邪で身体は倦怠感MAXだが、こういう疲れている時に聴くベートーヴェンも良いものだなぁと、考えを改めた日であった。そして、ますますイェネ・ヤンドーの演奏が好きになった日でもあった。これからも付いていきます師匠!(雑に締め)